介護における複合型サービスとは

介護におけるニーズは多様化しており、日本ではデイサービスやショートステイ、訪問看護など様々な様式があります。
複合型サービスとは小規模多機能型居宅介護に訪問看護を合わせたものになります。
すなわち、デイサービスを中心としながら、ショートステイや訪問介護、訪問看護を受けることができるということです。
目的は、お年寄りがいつまでも自立して生活を送ることができるようにと定められた制度です。
要介護1,2の人は利用できないなど定められています。
地域で利用に条件がありますので居住地域外ではサービスを受けられなかったり、複合型サービスを実施していない地域があるデメリットがあります。
しかしながら、家族の負担を軽減できるメリットもあります。