複合型サービスとはどのような制度

在宅の要介護者を対象に、「通所・訪問・宿泊」など、利用者の状態や要望に応えてサービスを提供する施設を、「小規模多機能型居宅介護」といいます。
このシステムでは、医療に関してのサービスが、十分に提供されることが出来ません。
そのため、利用者(特に医療面でのサービスを必要とする人)は、別の施設からサービスを受ける必要がありました。
この問題点を解決するために、平成24年から「複合型サービス」が開始されました。
この制度は、「小規模多機能型居宅介護」と「訪問看護」を一体化し、柔軟な対応を行います。
看護と介護サービスの連携により、緊急時も含めて、利用者に柔軟な支援を行うことが出来ます。
地域密着型のサービスとして位置づけされ、地域的包括ケアが実現されるべくスタートした、新しいサービスなのです。